ソリューション

進藤製作所はグローバルな展開を目指し、国際規格に適合した製品づくりを行っています。

品質管理体制の構築と維持

①品質マニュアルの運用
当社は各顧客の要求事項も盛り込んだ「品質マニュアル」により、社内はもとより各協力メーカーに対し、
画一的な品質管理体制の構築・運用を行います。
②新規メーカーに対して
新規でお取引きを開始する協力メーカーに対しては、「協力会社管理規定」に従い以下の事を行います。
  • 品質及び製品環境品質の監査実施
  • 品質及び製品環境に対する規約の取り交わし
③定期監査
品質システムの維持及び工場間格差の検証・改善を目的として、社内と既存の協力メーカーに対しては、
当社の「品質システムの維持規定」に従い、定期的な監査を行います。
④各種要求事項
品質及び製品環境に於ける要求事項は書面で明確化し、展開を行います。

初期流動管理

初期流動管理として、当社では「初期流動管理規定」に従い、試作管理から日常管理まで、一貫した管理を行います。
また、各協力メーカーに対しても同様とします。

①試作管理
・図面検討
お客様との打合せを行い、お客様の意図を充分に理解致します。
・工程準備
金型設計、工程表や検査規格の立案、各量産条件の設定、梱包仕様等の検討を行います。
また、FMEAを使用したトラブルの未然防止措置を講じます。
・量産試作
使用機械、各工程の能力を把握する為、量産を前提とした量産試作を行い工程能力を算出します。
②量産管理
・検定
量産試作を受け、QC工程表の作成及び実測定を行い、お客様に提出致します。
・量産への移行
お客様からの承認をもって量産へ移行致します。
試作管理にて設定された情報や測定データを量産管理部門へ展開します。
・立会い
量産初回については、社内社外問わず金型の立会い及び工程確認を必ず行います。
・量産初期管理
量産初回品については、事前に決めた管理項目の全数検査を行います。
全数検査の結果により、不適合の改善を図り、順次日常管理への移行を行います。
・日常管理
事前に決められた管理項目の確認・検査を行います。
工程能力による統計的管理や、パレート図やXbar-R管理図を活用した管理を行います。
このページの先頭へ